メニュー

乳がん

乳がん

乳がん乳がんにかかる女性は年々増加し、日本人女性のがんの罹患率では第1位です。30代から増加し始め、40代後半がピークとなります。早期に発見し治療を開始すれば、治りやすく、自分で発見できるので、自己検診も重要となります。マンモグラフィ検診により、早期乳がんを発見 できる可能性があります。30歳以上の女性は年に1回は乳がん検診を受けましょう。

乳がんリスク要因

乳がん検診とは

乳がん検診には、問診・視触診からマンモグラフィーや超音波(エコー)を用いた検診があります。乳がんかどうか、良性か悪性かの確実な診断をつけるためには、下記の検査や診断を組み合わせて行うことが必要です。患者様に適した検診を行います。

検査

問診・視触診

しこりがあるかどうかを確認します。ある程度のしこりの大きさがないと乳がんの判別は難しいため、早期発見するのは難しいです。マンモグラフィー検診や超音波検診と併用して受診されることを推奨します。

マンモグラフィー検診

マンモグラフィマンモグラフィマンモグラフィーは広範囲に撮影可能で、乳がんの初期症状のサインである石灰化や腫瘍を発見することができます。マンモグラフィーは乳腺の全体像を写し、早期乳がん発見に有効だと言われています。厚生労働省でも、40歳以上の女性を対象にして2年に1度のマンモグラフィーを用いた乳がん検診を推奨しています。

放射線による被曝はありますが、被曝量は少なく危険性はほとんどありません。また、マンモグラフィー検診は乳房を圧迫して検査を行うため、痛みが伴う場合があります。痛みが強い方には、撮影を中断させていただきますので、ご相談ください。

超音波検診(エコー)

超音波(武庫之荘)超音波(末包)視触診だけでは判別しづらいしこりを発見することができます。乳房に超音波を当て、はね返ってくる超音波を画像化して確認します。マンモグラフィーでは高濃度乳腺の体質の方には、乳がんの判別が困難な場合がありますが、超音波検診で発見することができる可能性があります。

被爆のリスクがなく痛みもありませんが、微細なしこりや石灰化を写すことには適していません。比較的若い女性に適した検診です。

検査費用について

【対象】
 推奨は40歳以降の女性ですが、誰でも受診可。

【検査方法】
 マンモグラフィー+超音波+視触診

【検診料】
 10,000円

【受診方法】
 受付で直接ご相談ください。

※マンモグラフィーは予約制です。
 毎週木曜日午前中
 第1・3土曜日午前
 第2・4火曜日午後

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME