メニュー

子宮内膜症

子宮内膜症とは

子宮内膜症 病巣部子宮内膜は、妊娠しない場合に剥がれ落ち、月経により排出されています。この子宮内膜と似た組織が、骨盤の腹膜や卵巣などの子宮内以外の場所にできてしまうことを子宮内膜症と呼びます。不妊の原因のひとつと考えられているため、妊娠を考える女性は、早めに治療することが大切です。

子宮内膜症になる原因はわかっておらず、はっきりとした予防法は現状ではありません。

症状

子宮内膜症 女性まったく症状のない方から、激しい腹痛が起こる人まで様々ですが、月経痛や腰痛があることが多いです。月経期間中の排便時の痛み、頭痛や吐き気、嘔吐、発熱などが起こることもあります。こうした症状が月経時以外に起こるようになったら、内膜症が進んでいる可能性があります。性交時に痛みを伴うこともあるため、早めに相談するようにしてください。

検査

  • 内診
  • 血液検査
  • 超音波検査
  • CT
  • MRI
  • 腹腔鏡検査
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME