メニュー

卵巣がん

  • 卵巣がん卵巣に発生する腫瘍で、自覚症状が乏しく進行した状態で発見されることも多い。
  • 食生活やライフスタイルの変化により、日本でも患者が増えてきている病気のひとつ。
  • 40代から50代の女性が多い。
  • 排卵回数の多さが危険因子のひとつとされているため、妊娠や低用量ピルにより排卵を休ませるのは有効な予防手段となる。
  • 発見には超音波検査が有効。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME